情報商材とノウハウコレクター

情報商材とノウハウコレクターども、ハヤトです。

今回は情報商材とは何か?っていうのと、ノウハウコレクターについて解説します。

 

 

ASPのinfotopの項で出てきた情報商材。情報商材というのは一般的にネットを介して取引される情報のこと。基本的にHow to つまりやり方、マニュアルといった内容が主です。

マニュアルなので、PDF、もしくは音声、動画コンテンツですが、中には冊子として送られるものやDVDに焼かれたものもあります。言ってみればネット上で売り買いされる書籍と似たようなものなんですが、値段が非常に高額なのが特徴。

 

情報商材の例

多くはネットビジネスの稼ぎ方、マニュアルや塾といったものですが、

  • FXや株(投資関連)の稼ぎ方やツール
  • 競馬、パチンコ、宝くじ(ギャンブル)での勝ち方
  • 異性と仲良くなる(恋愛系やアダルト系)

といったものもあります。

 

infotopにあるものは情報商材です。

http://www.infotop.jp/

 

さて、情報商材そのものは決して怪しいものではないのですが、その販売形態や値段といったものが理由で

怪しい・・・

と思っている人は多いです。(残念ながら)

 

情報商材が怪しく見えてしまう理由

まず1つは購入するまで中身が完全にブラックボックスだという点。

ネット上なので、公開してしまうと簡単にコピーされます。本屋の立ち読みどころでなく、一字一句完全にコピーできてしまうので、公開できない(したら売れなくなる)ので当然です。

 

つまりいい情報かどうかは買って中身を見てみるまで分からないということ。

言ってみれば10万稼ぐ方法を教えます!って情報が1万で売られていて、買って中身を見たら「この情報を10人に売れば10万円だよ♪」なんて書かれてても、外からは分からないってことです。

 

ただ今でこそ本物の詐欺商材というものはほとんどないし、詐欺の温床だったインフォ○タイルというASPは潰れています。(本物の詐欺商材ってなんか変な感覚・・・)

だから情報自体が詐欺かどうか?はあまり気にしなくていいと思ってますが、だからといって買ったからって稼げるかどうかはやっぱり別物です。そんな魔法のようなものはないわけで。

 

 

次に販売ページ(セールスページ)の問題。

セールスページにはコピーライティングのテクニックが使われています。(コピーライティングとは売るためのライティングテクニック)

 

売るのが目的なんで、別にこれ自体は悪いことじゃないんですが、コピーライティングのテクニックを使いすぎたページっていうのが雑誌の最後の方にある胡散臭い商品(ブレスレットとか飲むだけで痩せる薬とか)のページにテイストが近くなってしまうということ。

 

あれらもコピーライティングのテクニックが使われています。そういったページが多いというのが怪しいと思わせる原因でしょう。

 

 

値段が高いですが、ある意味当然で値段以上の価値があるから。と言いたいですが、本当に値段以上の価値があるのは一握りで、後は相場がそのくらいだから、というのが理由だと思います。

 

値段を下げてしまうとそれだけ買う人が多くなって、ライバルが増え結果的に稼げない情報になってしまう、というのも理由の1つです。

値段が高いという人もいますが、正直こんなもんでしょう。(と思うのは僕が慣れてしまっているからかもしれませんが)

 

ただ今後アフィリエイトがもっと有名になって、法の規制がかかるようなことになってしまうと分かりません。

 

ノウハウコレクターとは

ノウハウコレクターっていうのは情報商材を買うばかりで結果を全然出していない人達のことを指します。この業界にいるなら、誰もがそうなり得る資質は持ってますね。

 

正直商材の中身なんて似たり寄ったりです。が、その微細な違いまで確認したい、と買ってしまうのが末期のノウハウコレクター。

 

必要なノウハウなんていい商材を1個2個買えば、知識としては完全に足ります。後は実際のネット上にあるサイトを見てみたり、そこから自分なりに試行錯誤していかなければ成果にはなりません。

知識ばかり求めていても稼げるようにはなりませんよ。

 

情報商材自体は悪いものじゃないし、詐欺でもありません。ただ中には詐欺のようなものがあるというのも否定できません。だから購入するなら本当に信頼出来る人から買う。というのが重要です。

まぁその信頼できると思ってた人が実は・・・とかだったら、もうそれはあなたに見る目がなかったと諦めましょう。

 

PS
実績とかブログの文面からだけで人を判断せず、まずはメール1通送ってみましょう。その返信内容でどういった人なのかは一発で分かります。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ