アドセンスアカウントの申請

adども、ハヤトです。

今回はアドセンスアカウントの申請方法です。

 

キャッシュポイントの肝になるGoogle Adsense

ですが申請前にまずはブログにコンテンツを入れておきましょう。

何もコンテンツがない状態だと審査に通りません。

ブログに記事を書いておく

記事といっても特に深く悩まなくて大丈夫です。

内容は日記(のようなもの)で十分審査には通ります。

今日はどこに行ってきた、とか何を食べた、とか。

通った後に不必要だと思えば削除してもOKです。

 

ただし以下の点に注意してください。

  1. 最低5記事、文字数は500字以上
  2. コピペは一切禁止
  3. 審査に通るまでは画像、動画、外部へのリンクは貼らない

この3つです。

 

 

Adsenseアカウントの申請方法

記事が書けたらAdsenseアカウントの申請に入りましょう。

審査は1次と2次の2段階になっています。

まずはこちらのページからAdsenseの申し込みページへ。

⇒Adsense申し込み

https://accounts.google.com/ServiceLoginAuth?continue=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fadsense%2Fgaiaauth2%3Fhl%3Dja&followup=https%3A%2F%2Fwww.google.com%2Fadsense%2Fgaiaauth2%3Fhl%3Dja&service=adsense&nui=15&rm=hide&ltmpl=regionala&hl=ja&alwf=true

 

トップページ右上の「こちらから」をクリック。

 

 

申請内容を入力する画面になります。

 

 

作成したブログのURL、言語を日本語に設定し、
ボックスにチェックを入れて「次へ」をクリック。

 

 

必要事項を全て記入し、「お申込みを送信」をクリック。

※住所など数字は半角で入力しないと審査に通過しないので注意!

 

これで申し込み手続きは終了です。

後は審査に通るのを待ちましょう。

 

大体2,3日程度ですが、最長で1週間程度かかる場合もあります。

この時点で審査に落とされた場合は

  • コンテンツが少ない(文字数や記事数が少ない)
  • 規約に触れるコンテンツが存在する(コピペやアダルト用語の入った記事)

のどちらかが原因です。

 

審査中も記事は更新しておくと評価が高くなり、
審査に通りやすくなります。

 

1次審査に通過した場合

「【Google AdSense】お申し込み結果のお知らせ」

という件名のメールが届きます。

メールが届いたら2次審査に進みましょう。

 

 

1次審査通過後

1次審査に通過したらブログにAdsense広告を貼ります。

1次審査は結果がメールで届きますが、2次審査はブログに貼った
広告が無事表示されることで確認できます。

 

今回はブログの記事上下の2箇所に広告を貼ります。

本来Adsenseは1ページに3箇所まで貼れますが、今回は2箇所としておきます。

サイドバーに貼った場合、So-netブログだとタグのページにも
広告が表示されることになります。

So-netのタグページはコンテンツがほとんどないため、
Adsenseから警告を受ける可能性が高いです。

サイドバーには貼らないようにしておきましょう。

 

 

ブログにAdsense広告を挿入する方法

それではSo-netブログの記事上下に広告を挿入していきます。

まずは広告コードを取得します。

Adsenseの管理画面にログインして「広告の設定」をクリック。

 

 

次に「新しい広告ユニット」をクリック。

 

 

ここでAdsense広告の設定をしていきます。

 

 

名前:
自分で分かりやすいように名前を付けます。
例えば「So-net記事上下」など。

広告サイズ:
今回はレクタングル(大)を選んでください。

広告タイプ:
ここはテキストとイメージのままでOK。

 

他にも細かい設定ができますが、今回は省略します。

設定ができたら一番下の「保存してコードを取得」をクリック。

 

 

表示されたコードは一旦テキストなどに貼り付けて置いておきます。

 

記事の上下に挿入するにはHTMLを編集する必要があります。

So-netブログにログイン後、デザインの「レイアウト」をクリック。

 

 

コンテンツ配置の画面になるので、「記事」をクリック。

 

 

右上にある「コンテンツHTML編集」をクリック。

 

 

HTMLを編集する画面になるので、
「articles-body」という部分を探してください。
(上から4分の1ぐらいの位置にあります)

Ctrl+Fキーを使うとすぐに見つかります。

 

 

次に<% if:page_name eq ‘article’ -%>の下と
<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>の下に
スペースを空けます。

 

この部分が記事の上下の部分に当たります。
<% article.entire_body | bodyfilter(article_info,blog) %>
が記事の中身の部分になります。

 

 

この部分にAdsense広告を入れるわけですが、
Adsenseは記事としっかり分ける必要があるので
「Sponsored Link」の文字を挿入します。

 

今空けたスペースに

Sponsored Link<br />

<br /><br /><hr><br />

 

<br /><br /><hr>Sponsored Link<br />

<br /><br />

とそれぞれ入力します。

 

 

後は今入力した部分に広告コードを貼り付けます。

画像で見ると下の部分になります。

 

 

この部分に先ほど作成したコードを貼り付けてください。

ここまで完了したら「保存」をクリック。

 

 

その後、右上の「記事の設定に戻る」をクリックして、
レイアウト編集画面に戻りましょう。

 

 

最後に忘れずに「設定を保存する」をクリック。

ここまでやって広告挿入は完了です。

 

2次審査に通過すれば無事広告が表示されることになりますが、
2次審査に通過後、広告を貼っているページにアクセスが何度かあって
初めて広告が表示されるようになります。

なので広告を貼った後もしっかり記事を書いて、
アクセスを流すようにしていってください。

 

通常1日程度で広告が表示されますが、アクセスがない状態だと
1週間近くかかる場合もあるようです。

しっかり記事は更新していきましょう。

 

また今回広告を挿入したのは記事の上下部分のみです。

トップページに広告は表示されないので、
個別の記事を確認して広告が出ているかチェックしてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ