Adsenseを利用するときの注意点

Google AdSenseども、ハヤトです。

今回はGoogle Adsenseを
利用するときの注意点についてです。

 

Google AdSenseはクリックされるだけで報酬が入るので、
非常に稼ぎやすいし、初心者におすすめしています。

ですが反面非常に規約が厳しく、違反をしている場合は

広告配信の停止

アカウント削除

といった場合もあります。

最低限利用規約はチェックしておきましょう。

Adsenseプログラムポリシー

まず最低限Adsenseプログラムポリシーは把握しておきましょう。

要するに利用規約です。

⇒Adsenseプログラムポリシー

https://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja

 

特に注意しておくべきは

  1. クリックの誘導
  2. コンテンツガイドライン

の2つです。

 

クリックの誘導に関してはSponsored Linkの表示を入れておけば、
コンテンツと広告を分けているので大丈夫です。

Adsense広告を記事中に表示したり、クリックを誘導する文を入れていると
間違いなく警告が来ます。

最悪いきなりアカウント削除もあるので注意してください。

 

 

次にコンテンツガイドライン。

特にトレンドサイトを運営していく上で気をつけて貰いたいのは

  • アダルト用語(水着の画像も危険)
  • 個人や団体の誹謗中傷
  • ビール、タバコ、薬関連の販売

の3つです。

 

特に誹謗中傷系はアクセスも集まりやすいので記事にする人は多いですが、
僕もこれで警告が一度来ています。

警告の場合は記事を削除して再審査してもらえば、
広告が止められたりすることはまずないはず。

 

またグラビアアイドルだと水着の画像になりがちですが、
水着の画像を入れることで警告が来ている人も何人もいます。

なるべく肌の露出の少ない画像を選んでおきましょう。
(顔の画像であれば問題ありません)

 

ビールやタバコ、薬の販売ですが、アフィリエイトリンクもNGです。

他のASPも併用している時は注意してください。

 

Yahoo!や楽天、Amazonのローテーション広告の場合、意図せず
こういったグラビアの写真集やビール、薬といったものが表示され、
それで警告が来る場合もあります。

他のASPを利用する場合は商品を指定してリンクを挿入してください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ