ドメインの種類について【新規・中古・日本語】

ドメインの種類についてども、ハヤトです。

今回はドメインの種類についてです。

 

 

サーバーの契約が完了したら次はドメインを取得します。ドメインとはネット上の住所みたいなものです。

ドメインの種類

ドメインといってもいくつか種類があります。

  1. 新規ドメイン
  2. 中古ドメイン
  3. 日本語ドメイン

の3種類です。(厳密には新規ドメインの中に日本語ドメインがあります)

1つずつ解説していきます。

 

新規ドメイン

普通はドメインの取得となると、新規ドメインのことを指します。自分で新しく○○.jpや△△.comといったドメインを取得し、そこにサイトを設置する。

エックスサーバーの場合、ドメインプレゼントキャンペーンも開催しています。

 

 

トレンドサイト、もしくはメインのサイト(当ブログのような)の場合は、新規ドメインを取得するといいでしょう。

新規ドメインの場合は、初めはアクセスが集めにくいので長期的に運用していく必要があります。

 

 

中古ドメイン

中古ドメインはその名の通り、以前誰かが利用していたドメインで、更新期限が切れたり、何らかの理由で手放したドメインになります。

 

中古ドメインの場合、初めから被リンクが付いていたり、検索エンジンの評価が高い場合があります。

そのため新規ドメインに比べて記事のインデックスが早かったり上位表示させやすくなったりするんですが、長期的に見ると段々効果が薄れていき、最悪圏外に飛ばされることも。

 

また中古ドメインの取得は少し手順が複雑で、外れの中古ドメインを引いてしまうと、いくら記事を更新しても全くアクセスが集まらない場合もあります。

 

なので、中古ドメインは被リンクサイトとして使うのがおすすめです。いいドメインは値段がそれなりにする(1万円以上)ので、初めから手を出すべきではないでしょう。

 

 

日本語ドメイン

新規ドメインの取得時に、日本語名のドメインを取得する方法になります。例えば、「ハヤト.jp」といったドメインってことです。

日本語ドメインは検索ワードと完全一致した場合、非常に強い効果を発揮します。

 

例えば「ドラゴンクエスト」でサイトを上位表示させたい場合

  • ドラゴンクエスト.jp
  • ドラゴンクエスト.com
  • ドラゴンクエスト.net

でドメインを取得できると、上位表示が楽にできます。(.jpが一番強力です)

 

ただし、「ドラゴンクエスト1.jp」のように他の数字や文字が入っていると、その効果は薄くなります。あくまで完全一致というのが重要です。

 

英数字の新規ドメインに比べて値段も高いですが、あるキーワードを狙ったサイトを作成する場合は非常におすすめです。

 

ただし裏ワザ的なものでいつまで通用するかは分かりません。(現に海外ではすでに規制されています)

ですが、日本では今のところ非常に有効な方法なので、あるワードを狙ったサイトを作成する場合は積極的に利用してみてください。

 

 

まとめ

今回はドメインの種類を紹介しましたが、基本的には新規ドメインでの取得がおすすめです。

特にトレンドサイトやメインブログのように、サイト名を変えたりサイト名で上位表示を狙わない場合は通常の新規ドメイン

 

ある検索ワード(商品名、商材名など)での上位表示を狙いたい

そういう場合は日本語ドメイン

 

強力な被リンクサイトを構築したい。すぐに結果を出したい。

そういう場合は中古ドメインを取得しましょう。

 

ドメインの取得方法は次回に解説します。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ