中古ドメインの取得と設定方法

中古ドメインの取得と設定方法ども、ハヤトです。

今回は中古ドメインの取得方法を解説します。

 

中古ドメインというのは過去に誰かが運営していたサイトのドメインを取得する、というものです。ただしメリットとデメリットがあり、上手く使いこなせればサイト運営に有利に働きますが、当たり外れもあるので解説していきます。

中古ドメインのメリット・デメリット

まずはメリットから。

 

中古ドメインのメリット

  • 被リンクが初めから付いている
  • PR(ページランク)の高いドメインを取得できる
  • ページがインデックスされるスピードが安定している

すでに運営されていたドメインなので被リンクは元から付いています。(絶対ではないですが)そのためPR(ページランク)が初めから付いているサイトを所有できます。

ページランクが高い=サイトの信頼度が高い

と判断されるので上位表示に有利です。

 

また通常新規にドメインを取得した場合は、ページをインデックスしてくれるクローラー(検索エンジンロボット)の頻度が安定しません。

なので2日経ってもページが検索結果に表示されない、次の記事は一瞬でインデックスされた、ということが起こり得るのですが、長期間運用しているドメインには定期クローラーというのが回ってくるのでインデックススピードが安定します。

 

この3つが特に大きなメリットです。

 

中古ドメインのデメリット

ただし、過去に誰かが運用していたドメインなので

  • ペナルティを受けている場合もある
  • 前サイトの癖が残っている

といったデメリットもあります。

 

中古ドメインなので以前は運用していたけど、所有者が何らかの理由で手放したドメインということになります。

その理由がスパム判定を受けた、というようなものだとどんなに記事を書こうと全くインデックスされない、ということが起こります。

以前のサイトがアダルト系、ギャンブル系だった場合にもそういった被リンクが付いているので、いくらPRが高くても通常のサイト運営をしていくのが難しいです。(そういったジャンルのサイトだと判断されるため)

 

それと合わせて以前のサイトが例えば音楽に関するものであれば、音楽関連の記事、サイトは上位表示しやすいですが、逆に他のジャンルだと上位表示しにくいといったことも起こります。

 

中古ドメインの取得方法

基本的に中古ドメインを販売しているサイトから購入します。

⇒中古ドメイン販売屋さん

http://www.topshelfequestrian.com/

 

⇒Domain JET

http://feed2podcast.com/

 

自分で調べて取得する手もありますが、ツール等を使わないとまず無理です。その上で過去の運営履歴等もチェックしていくことになるので、購入するのが最も早い方法です。

 

購入後はバリュードメインで設定をしていきます。設定はムームードメインと同様、取得済みドメインのネームサーバー変更なので、こちらの記事を参考にしてください。

 

URLを正規化する

最後に中古ドメインはURLの正規化を行う必要があります。

例えばこのサイトのURLは

  • http://gobounuki.biz

なんですが、

  • http://www.gobounuki.biz(wwwあり)
  • https://gobounuki.biz(セキュア環境)
  • http://gobounuki.biz/index.html(index.htmlあり)
  • http://gobounuki.biz/?ref=rss(パラーメータあり)

といったURLでも同じページが表示されます。

でもこれらは全部別のURLとして認識されています。

 

特に中古ドメインがwwwありの場合、サイトURLをwwwありにしないと被リンク効果は引き継がれないので、「設定」⇒「一般」からサイトURLを指定しておいてください。

 


(ここをwwwありのURLに設定しておく)

 

 

中古ドメインまとめ

中古ドメインは使い方を間違わなければまだまだ有効なSEO対策の1つです。

インデックスが安定していて、被リンクも付いているのでサテライトサイト(被リンクサイト)として利用していくのが一番の方法でしょう。

 

といってもFX、ダイエットといった超ビッグキーワードでもなければ、強力なサテライトサイトなんて不要なので、初心者は気にしなくて大丈夫。

月数十万レベルのサイトであれば、被リンク対策は特にしなくても余裕で上位表示できます。

 

僕自身は中古ドメインの利用は推奨していません。

というのも、Googleが「ドメイン所有者が変わった場合、ドメインが持つ情報の履歴をリセットする」と表明しているからです。

今は効果のある中古ドメインですが、いずれ効果が無くなっていくでしょう。

 

ただ当たり外れを見極めれば即効性のある方法ではあるので、短期的に勝負したい(実績を即作りたい場合等)場合は利用するのもありかもしれません。

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ