Gmailから別のアドレスとしてメールを送信する設定方法

Gmailぁら別のアドレスとしてメールを送信する方法ども、ハヤトです。

今回はGmailの機能補足編です。

 

 

基本の機能と設定方法はこちらを参照ください。

⇒ Gmailで複数のアドレスを作成し、一括管理する方法

 

こちらの記事でGmailで別アカウント(独自ドメインやプロバイダ)の
メールを確認する方法は解説していたのですが、
このままだと返信するときはGmailからの送信になってしまいます。

相手にとっては送ったメールアドレスとは別のアドレスから
メールが届くことになってしまい、混乱させてしまったり、
最悪成りすましメールとされて迷惑メール扱いされかねません。

なのでこちらの設定方法を今回は解説しておきますね。

Gmailから別のアドレスとしてメールを送るための設定

まずは受信の設定と同じく、Gmailの設定画面を開きます。

そこから「アカウント」を選択。

 

Gmailアカウント設定

 

次に「アカウント」の中の「名前」から「メールアドレスを追加」を選択。

 

送信メールアドレスの追加

 

ここで追加したいメールアドレスを入力します。

 

送信メールアドレスの入力

 

※エイリアスについて

エイリアスは偽名、別名といった意味でチェックをしておくと、
相手先に送信元としてGmailのアドレスが表示されてしまいます。
(Gmailのアドレスがメインと設定されるため)

これでは意味がないので、エイリアスのチェックは外しておきましょう。

 

入力できたら「次のステップ」を選択。

 

SMTP設定

 

Gmail経由であればチェックするだけで終了しますが、
この場合一部のメーラーで送信元にGmail経由と表示されます。

これでは意味がないし、Gmailのアドレスまで相手に分かってしまいます。

なのでサーバーを経由して送信するように設定します。

 

入力内容は受信の設定時と同じくプロバイダの設定用紙、
独自ドメインであればサーバーの設定画面から確認します。

 

全て入力できたら「アカウントを追加」をクリック。

 

後はメール作成(返信)の際に「From」の欄から
送信元としたいメールアドレスを選択してメールを作成すればOKです。

 

 

こうすれば相手にGmailのアドレスが表示されたり、
Gmail経由といった表示もされなくなります。

 

Gmailでメールアドレスを全て一括で管理していくために
忘れずに設定しておくようにしましょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ