パーソナライズド検索をオフにする方法:正しいSEO順位を知るために

パーソナライズド検索をオフにする方法ども、ハヤトです。

今回はGoogleが採用している「パーソナライズド検索機能」について解説します。

パーソナライズド検索機能をオフにしておかないと、正しい検索順位を知ることができずSEO対策も正しく行えません。

 

Googleは「パーソナライズド検索」という機能を導入しています。

まずはこれが何なのか?を解説しておきますね。

パーソナライズド検索とは?

これはユーザーが検索している「場所」、「過去の検索履歴」、「Google+上での繋がり」を元にして検索結果をユーザー毎に個別に表示する、という機能です。

Googleにログインした状態で検索をすると、この機能が働いてよく見るサイトは勝手に上位表示される、ということが起こります。

 

この機能を知らないと、自分のサイトが上位に来ているからSEO対策の効果が出てるんだ!と勘違いしてしまう場合があります。

実際はSEO効果ではなく、パーソナライズド検索で自分のサイトをよくチェックしているから上位に来ている場合があるんです。というかその方が多いので、注意してください。

 

後は場所によっても検索結果が変わってきます。
試しにGoogleにログインした状態で「定食屋」とでも検索してみてください。
おそらく自分住んでいる地域のマップが表示されるはずです。

 

このPCで見たら検索1位なのに、違うPCだと1ページ目にない・・・というのはこの検索機能が働いているからです。

正しいSEO順位を知るためには、まずパーソナライズド検索をオフにして検索する必要があります。

 

機能をオフにする方法

IEやFirefoxの場合はGoogleからログアウトする必要があります。

普段Gmailを利用している場合は自動でログインされている可能性もあるので、まずはログアウトしてから検索するようにしてみてください。

 

Google Chromeの場合は右上にある「設定」ボタンから「シークレットウィンドを開く」ことで対応可能です。 ただし完全にオフになるわけではないようなので、やはりGoogleからログアウトするのが確実ですね。

こうすることで大多数の人が見ているであろう検索結果を自分でも確認することができます。

 

僕の場合は普段はFirefoxを利用しているのでChromeはログアウト状態になっています。なので普段使いはFirefox、検索結果やライバルサイトをチェックする場合はChromeと使い分けています。

 

まず重要なのはパーソナライズド検索という機能が導入されているということを知っておくこと。そしてそれ以上に重要なのは、多くのユーザーもパーソナライズド検索の結果を見ている可能性が高い、ということです。

Googleのサービスを何1つ利用していません、という人は少ないので大多数の人が通常の検索結果を見ていない、ということになります。

要するに全ての人に同じ検索結果を返す、というのが不可能になってきているので、単純に順位を上げることを目的にするのではなく、ユーザーにとって役に立つコンテンツを意識するのが最も大切な時代になってきているということです。

 

しっかりしたコンテンツを作成していけば、お気に入りやブックマークをされ、何度も見返すことでPV数やアクセス数の増加が見込めます。結果収益にも結びつきやすくなります。

 

ユーザー目線のサイト運営、コンテンツ作成というのを意識していくのが、今後のSEO対策の最重要ポイントになってくるでしょう。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

One Response to “パーソナライズド検索をオフにする方法:正しいSEO順位を知るために”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ