【Contact Form7の設定方法】お問い合わせフォームを設置するプラグイン

お問い合わせフォームの設置ども、ハヤトです。

今回はお問い合わせフォームを設置してくれるプラグイン「Contact Form 7」の設定方法を解説します。

 

お問い合わせフォームは連絡が来る来ないに関わらず、「お問い合わせを受け付けます」という姿勢にもなるので、作成したサイトには必ず設置しておきたいですね。

Contact Form 7の設定方法

インストールは他のプラグインと同様です。

サイト作成時には必ず入れておきたいので、Bulk Plugin Installationを使って一括でインストールすると手間がかかりません。
⇒ Bulk Plugin Installationの使い方

 

僕のブログだとお問い合わせフォームはこうなっています。

 

 

通常のサイトだとお問い合わせフォームから連絡が来ることはあまりないです。
(コメント欄に書き込むので)

ただ公にできない質問(著作権に関連するもの等)はこちらから問い合わせができるようにしておきましょう。メールアドレスを載せるより安全です。

それでは設定方法を解説していきます。

 

インストールして有効化すると、ダッシュボードのメニューに「お問い合わせ」という項目が表示されます。

 

 

ここから設定をしていきます。

 

 

ここに表示されているショートコードを記事の中に貼り付ければ、それだけでお問い合わせフォームが完成。非常にカンタン。

個別記事でお問い合わせのページを作成するのがいいでしょう。

 

これだけでもいいですが、もう少しカスタマイズもしていきます。

それではタイトルの下に表示される「編集」をクリック。

 

お問い合わせフォームの編集

 

ここでお問い合わせフォームの編集が可能です。

基本的にデフォルトで問題ないですが、サイトが3カラム等幅が狭いと記入エリアがはみ出してしまいます。

幅を変更したい場合は

[email* your-email /20]

「半角スペース/数値」を入力することで幅の調節ができるので試してみてください。

他にもチェックボックスやボタンも簡単に作成できるので、ちょっと変わったお問い合わせフォームを作成することもできます。

 

で、続いて下の部分。

 

 

ここは自分に送られてくる返信内容を編集できます。

といっても相手のお問い合わせ内容、メールアドレスが分かればいいのでそのままでOK。

問題はメール(2)の方です。チェックを入れてみましょう。

 

 

こちらにチェックを入れるとデフォルトの状態では相手にもメールが送られるようになっています。いわゆる自動返信メールってやつ。

できればチェックを入れて相手にもメールが届くようにしておきましょう。

ただこのままだと相手にメールが届いても意味が分からないので、僕は少し文面も変えています。

 

 

といった感じです。(パクってOKです)

 

相手も送ったメール内容が届くので安心できるし、メールアドレスの入力ミスも防げます。(届かない場合はアドレスを間違ったと相手が確認できる)

 

またスパムコメント対策プラグインAkismetや画像認証プラグインCAPTCHAと連動させることもできます。非常に高性能。

 

サイトにはお問い合わせ方法は掲載しておきたいですが、メールアドレスを載せるのはあまり良くないのでこちらのプラグインを導入してみてください。

 

※お問い合わせができない、というのは信用問題に関わります。中には悪質なことをしていてわざと連絡先は載せていない会社もあるので、そういったサイトと判断されないためにも一応入れておきたいですね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ