WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ

WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめども、ハヤトです。

今回はWordPressのソースをいじっていて、サイトが真っ白になって何も表示されなくなってしまった!って場合の原因と対策について解説します。

 

初めは何も分からなくても慣れてきたら色々カスタマイズしたくなるのがWordPress。

が、カスタマイズしていたら 管理画面もサイトも真っ白になってしまった!やばい!何もできない! ・・・そういうこと、あると思います。(僕も一度経験しました)

今回僕が教えている一人がこの状態になってしまって、その時に原因と解決策をひたすら調べたので他の方のため(+自分の今後のため)にまとめておきます。

 

真っ白になってしまう原因

で、これから原因と対策を解説していくんですが、何よりまずは落ち着きましょう

焦って闇雲に修正しようとして色々やると、最終的にどこ直していいのやら分からなくなって手を付けられない状態になってしまいます。

 

で、管理画面が表示されない原因は

  1. テーマのfunctions.php
  2. wp-config.php
  3. キャッシュファイル
  4. プラグイン同士の互換性
  5. WordPressのバージョンアップ
  6. サーバーそのもの(ハッキング含む)

僕が調べた限りこの6つ。

 

まずは真っ白状態を修正する

ということで、まずは原因を突き止めるためにデバックモードを起動しましょう。 参考にしたのはこちら(【要保存】WordPressでブログも管理画面も真っ白になった時に最初にすべきこと)の記事。

やり方はFTPソフトで「wp-config.php」ファイルの中に

define(‘WP_DEBUG’, true);

と記述。

 

場所はどこでもいいようですが、

require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);

の記述よりは上にする必要があります。

これでデバックモードになって画面にエラーが表示されるようになります。ただエラーが出ても意味が分からないと話が前に進まないので、こちらの記事(WordPressで画面が真っ白になったら、最初にやるべきこと)を参考にエラーの原因を突き止めましょう。

・・・といってもこれでエラーの原因がなんとなく分かっても、結局どこを直せばいいのか分からないかもしれません。 というわけで上の6つに関して対策方法も書いておきます。

 

それぞれの対策方法

 1,テーマのfunctions.php

テーマを編集している最中に真っ白になったら大体コレが原因。どうしても直らない場合はFTPソフトでテーマを削除してみると直る可能性が高いです。それで直らない場合は原因は他にあります。

 

2,wp-config.php

今回教えている人がなったのもココが原因でした。「{」「}」 が抜けていたり、改行の有無でも真っ白になります。今回の場合エラーを表示させようと上のタグ(define~)を入れた際にミスがあったようでエラーすら表示されない事態でした。

phpファイルを編集する時はいつでも戻せるように必ずファイルのバックアップは取ってからにしましょう。

 

3,キャッシュファイル

キャッシュ系のプラグインを導入している場合、キャッシュファイルがおかしくなって真っ白になる場合があるようです。(参考:WordPressの画面が突然真っ白になった時に行った対処方法) 何も編集していないけど突然真っ白になってた+キャッシュプラグインを導入している場合はキャッシュファイルを一度削除してみましょう。

 

4,プラグイン同士の互換性

僕は専門家じゃないので詳しいことは分からないですが、プラグインはテーマの関数(functions.php)を使って作動していて、違うプラグインが同じ関数を呼びだそうとすると真っ白になってしまう場合があります。

以前僕がなったのはコレ。入れたプラグインが間違っていて有効化した瞬間に真っ白。。。 この場合はFTPソフトで「plugins」のファイルを一旦リネーム(_pluginsなど)してプラグインを止めると真っ白から直ります。後は今インストールしたプラグインを削除すればOK。

 

5,WordPressのバージョンアップ

WordPressをバージョンアップすると未対応のプラグインが作動できずに真っ白になるパターン。真っ白でどうしようもない場合は上を参考にプラグインを全止めすればOK。

後はダウングレードするか、プラグインを見直すか。基本的にバージョンアップはWordPressのバージョンが3.7.1といったように、.1の日本語版が出てからアップデートするのがいいです。

 

6,サーバーそのもの(ハッキング含む)

ここまででどれも思い当たらないし、該当するものがない場合はサーバーのメモリ不足の可能性やハッキング(まずないけど)の可能性があるので直接サーバー会社に問い合わせるのが吉。 サーバー移転した場合はパスが間違っていたり、データベースに接続できていない可能性もあります。

 

まとめ

大きく分けるとWordPressで画面が真っ白になってしまうのはconfig、functionsもしくはデータベースが原因です。

初めてなってしまうとめちゃめちゃ焦ると思います。というか僕はめちゃめちゃ焦りました(笑)管理画面に入れない!ってのもやばいですが、収益の上がっているサイトが真っ白とかだったらやっぱり焦ります。

 

が、何でも原因があって結果があるので慌てず落ち着いて、まずは原因を特定し1つずつ編集してみましょう。そうすれば必ず直せます。

後phpを編集する時は必ずバックアップして、いつでも元に戻せるようにしておけば安心なので覚えておいてくださいね。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

7 Responses to “WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ”

  1. 辻ブログ より:

    しばし放置していた自分のWPブログにログインしようとしてユーザ名とPWを入力、そしたら突然真っ白の画面が出現、だからWPはいやなんだと思いつつもネット情報を頼りに対処を試みました。
    こちらのブログ含め上位50位ほどの記事の勧める方法を試しましたが全部NG、そんな中MySQLデータベースをのぞいていたらテンプレートを指定している部分が目に入りました。私は標準の外観テンプではなくStinger3を使っていましたので、試しに別のテンプに置き換えてみたら無事復旧しました。その後Stinger3に戻しても問題は再発しないのでStinger3がらみの問題ではないようです。
    このケースは私の調べた範囲ではネット情報にもなかった方法なので、以下簡単にご紹介します(最後近くに試す手段として)。
    ①MySQLデータベースにログイン
    ②XXXXoptionsというテーブルを開く
    ③option_idが44と45ぐらいの場所にtemplate並びにstylesheetというのがあるので、その値を別のテンプ名、例えばtwentythirteenに変更して保存する。
    ④ブログの管理画面にログインしてみる
    ⑤成功したら、いくつかテーマ名を変更して動作を確認しつつ様子を見る。
    ⑥依然としてNGだったら、データベースの記述内容を当初のものに戻して保存、データベースを閉じて別の方法を試す。
    以上です、ご参考まで。

  2. 【お知らせ】ブログ復旧しています。「いつものように禁断症状」 | 今週もやっぱり禁断症状 より:

    […] った中、こちらのブログは大変わかりやすく、参考になりました! […]

  3. WordPressを同じドメインの別フォルダに引っ越しさせようとしたら画面が真っ白になったりしてかなり苦労したが2時間かけてようやく引っ越せた | B級大学 より:

    […] ●WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ | 「ネットビジネスで稼ぐ」を考えるハヤトのブログ […]

  4. […] WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ […]

  5. サイト消えてました | ssSpangle より:

    […] WordPressのサイトが真っ白で表示されない場合の対処方法【初心者向け】 WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ 私の場合は「WP To Top」という、【back to […]

  6. WordPressの管理画面が真っ白になる | 「わたなべさー…」「ワタ【ベ】デス」 より:

    […] 「WordPressが真っ白になってしまった場合の原因と対策まとめ」 […]

  7. […] の打ちようがないので、とりあえずお茶でも飲んで落ち着きましょうか。 ハヤトさんのこちらの記事に救われました。 このブログに書かれている原因「4.プラグイン同士の互換性」が当 […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ