【Google Analyticatorの設定方法】高性能アクセス解析の簡単設置プラグイン

WordPressプラグイン画像ども、ハヤトです。

今回は高性能アクセス解析Google Analyticsと簡単に連動できる「Google Analyticator」の設定方法について解説します。

 

 

WordPressでブログを作成したらアクセス解析を必ず導入しておきましょう。どういったキーワードでアクセスがあるのか、どのページにアクセスしているのか知ることで、その後のサイト運営に活かせます。

アクセス解析は色んな種類があるのですが、Google Analyticsなら広告も出ないし高性能なので、簡単に連動できるプラグインを紹介していきます。

 Google Analyticatorのインストール

インストールは他のプラグインと同様検索すればヒットします。そのまま「いますぐインストール」⇒「有効化」しましょう。

 

有効化が完了すると設定の項目に「Google Analytics」というのが表示されます。

 

設定画面からGoogle Analyticsと連携させる必要があるので、こちらをクリックして設定画面に移ります。

 

「Click Here」もしくはポップアップ無効にしている場合は隣の「here」をクリック。

 

Analyticsのアカウントを持っていれば「承認する」をクリックして先に進みましょう。持っていない場合はこちらの記事を参考にまずはAnalyticsアカウントを開設しておいてください。(現在記事編集中)

 

 

コードが表示されるのでコピーし、先ほどの画面に戻ります。

 

赤枠の部分にコードを貼り付け「Save & Continue」をクリック。これでAnalyticsアカウントの連動ができました・・・が、このままではまだ解析できないので続いて設定をしていきます。

 

Google Analyticatorの設定方法

上から順に解説していきます。

 

まずはそのままだとまだプラグインが起動していない状態なので、「Disabled」⇒「Enabled」に変更。

その下のUIDというのがAnalyticsで見る時のプロパティになります。まだ作成していない場合は先にAnalyticsアカウントでプロパティを作成しておきましょう。(プロパティの作成方法は現在準備中)

 

※Analyticsでは計測するサイトのことを”プロパティ”と呼びます。単に自分だけが使う場合はアカウントを追加する必要はないです。参考までに。

 

トラッキングコードは現在のAnalyticsだとユニバーサルに対応しているはずなので、「Traditional」⇒「Universal」に変更しておきましょう。

 

ここまでの設定でとりあえずアクセス解析はできるようになります。

後は細かい部分で

Track all logged in WordPress users:

というのはWordPressユーザー(自分含む)のアクセスを反映させないための設定項目。自分のアクセス(マルチユーザーにしている場合は他のログインユーザーも)を含めたくない、サイトへの純粋な訪問者を計測したい場合は「NO」にしておきましょう。

その下のUser roles to not track :のチェックしたユーザーを除外するようになります。

 

後はデフォルトの設定でOKです。色々できますがアクセスを計測する意味ではここまでの設定で十分。

 

Google Analyticsと連動してアクセスを計測すれば、どのページを修正するべきなのか、どういったコンテンツを追加するべきだろうか、という指標になります。こま目にチェックしてサイトに反映させていきたいものです。

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ