Googleウェブマスターツールの登録方法と使い方

ども、ハヤトです。

今回はGoogleウェブマスターツールの登録方法と簡単な使い方について解説します。

 

サイトが完成したらなるべくウェブマスターツールに登録するようにしましょう。

ウェブマスターツールに登録することで、インデックス状況の確認、上位表示されているキーワードやクリック率、手動対応(ペナルティ)の対象になっていないかなどサイトの状況が確認できます。

ウェブマスターツールの登録方法

まずはGoogleウェブマスターツールにアクセス。

 

Googleアカウントを使ってログインすればサイト追加画面になります。ここでサイトのURLを記入して「サイトを追加」をクリック。(2つ目以降のサイトの追加は管理画面の右上からできます)

 

 

今回はおすすめの方法でHTMLファイルのアップロードが表示されています。プラグイン(Google Analyticator)を利用している場合は、アナリティクスアカウントで簡単に設定できます。今回は一応HTMLファイルの確認方法を解説しておきます。

HTML確認ファイルをダウンロードしたら、FTPソフトを使って「自分のドメイン」⇒「public.html」の中にファイルをアップロードします。

 

public.html直下だとこんな感じの画面になるかと。

アップロードできれば後は先ほどの画面に戻り、「確認」をクリックすればOK。

 

登録してすぐに反映されるわけではないので少し待ってみてください。ここでサイトに関するメッセージがあれば表示されます。手動対応を受けた場合はここから確認できます。(アルゴリズムで下がった場合お知らせは届きません)

 

 ウェブマスターツールの使い方

登録しただけではあまり意味がないので使い方も解説していきます。

まずはサイトマップの送信から。

 

左のメニューから「クロール」⇒「サイトマップ」をクリック。そうすると右上に「サイトマップの追加」ボタンがあるのでそちらをクリックします。

 

ここにロボット用のサイトマップのURLを入力し「サイトマップを送信」をクリック。プラグイン(XML Sitemap)を利用していれば「sitemap.xml」が入力するURLになります。htmlではなくxmlです。

送信が上手くできればサイトのインデックス状況が後程反映されます。

 

これは今の僕のサイト状況ですね。123送信の122インデックスという形。コンテンツ的にはまだまだ少ない感じです。

ここで上手く出来ていない場合はまだxmlサイトマップが生成されていないか、URL入力ミスなので再度確認して送信してください。

それとページがインデックスされるには多少時間がかかります。経験上初めの内は2日ほどかかるのでインデックスされていなくても待ちましょう。コツコツ更新していけば徐々にインデックススピードは上がっていきます。(最高1分以内)

 

他にもインデックス削除したいURLの送信や検索クエリで上位表示されているキーワードの確認等など色々できます。またサイトに異変があった場合お知らせしてくれるので、定期的(最低でも1周間に一度できれば毎日)確認する癖を付けておいて下さい。

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

One Response to “Googleウェブマスターツールの登録方法と使い方”

  1. やっさん より:

    あけましておめでとうございます。

    初めまして、やっさんと申します。

    ランキングから、お邪魔しました^^;

    ウェブマスターツール、知ってはいたけどめんどくさそう・・・

    そんな考えでほったらかしでしたが、記事を読んで挑戦します。

    勉強になりました、ありがとうございます。

    応援ぽちっと押しときました^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ