【Master post advertの使い方】moreタグ部分に広告を設置できるプラグイン

WordPressプラグイン画像ども、ハヤトです。

今回は記事のmoreタグ位置に広告を表示させるプラグイン「Master post advert」の使い方について解説します。

 

記事の途中に広告を表示させるっていうのは一長一短ですが、今回は簡単に設定できるプラグイン「Master post advert」の使い方を解説します。

 

Master post advertのインストール

インストールは他のプラグインと同様検索でヒットします。

 

なのでインストール後有効化していきましょう。有効化が完了したら管理画面の設定に「Master post advert」が表示されているのでこちらから設定していきます。

 

インストール後の設定

設定方法は見たままですね。

 

 

Advert area alignment:

広告エリアの位置指定。今回は中央寄せにしていますが、中央寄せタグを入れる場合は不要です。

Advert area title:

広告部分のタイトル。Adsense広告の場合、記事と明確に分ける必要があるので「スポンサードリンク」の表記を入れます。今回はさらに<hr>タグでラインを挿入してみました。

Advert area width:

広告部分の横幅設定。特に何も設定しなくて大丈夫でしょう。

Advert code:

ここに広告コードを挿入します。直接貼り付けるだけでOKです。

 

※参考までに中央寄せタグは

<p style=”text-align:center”></p>

を使用しています。広告やタイトルを中央寄せにしたい場合はこちらのタグで挟んで下さい。

 

最後に

moreタグの位置に広告を挿入すると、強制的に広告を見ることになるのでクリック率はクッ上がります。特にレクタングル中を設定しスマホからアクセスがあった場合、スクロールしようとするとほぼ確実に広告の上に指を置くことになるからです。

 

ただ=収益が上がるか?というと実際はスマートプライシングが働いて、逆に収益が落ちる可能性もないとは言えません。初めに一長一短と言ったのはそのためです。

特にコンテンツ重視でサイト運営している場合、読みたいのに広告が邪魔でサイトの信頼を落とす場合もあります。そういったリスクとリターンを考えた上で使用するようにしてください。

 

最後までお読み頂きありがとうございます!

今回の記事が役に立った!という場合は以下のボタンから、ソーシャルメディアでのシェアよろしくお願いします。ありがとうございます!

ブログランキングにも参加中。1.3秒で済むので応援クリックよろしくお願いします!

関連するこちらの記事も合わせてどうぞ

レポート無料配布中

メルマガ登録

*メールアドレス
*お名前(姓・名)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ